法科大学院入試のお・勉・強

どうも、お久しぶりの銀さんです

現在法科大学院入試にむけて勉強をしています

今日は法科大学院について少し、いや、ちょっと、いや、ちょこっと紹介します、、、いややっぱりもうちょっと紹介します


1.法科大学院とは
まあ、簡単にいえば弁護士とか検察官とか裁判官といった法曹界を目指す人たちが法律を学ぶ場所ですね

え、法学部とは違うの?  と思った方も多いことでしょう。

そうですね、法学部との違い・・・・たくさんあるのですが、これを正確に伝えようと思えば、現在の司法試験制度について説明しなければなりません。

(1)司法試験制度
現在、法曹界を志そうと思えば、選択肢としては2つあります。
①予備試験合格→司法試験合格→司法修習生→法曹界
予備試験というのは司法試験を受ける切符を得るための試験です
予備試験に関しては誰でも受けることができます。
基本的にこのパターンだと予備試験に受かれば何回でも司法試験にチャレンジできます。
②法科大学院→司法試験合格→司法修習生→法曹界
法科大学院を卒業すると5年以内に3回司法試験を受けることができます
法科大学院入試を受ける資格は、大学を卒業したもの、もしくはそれと同等の能力があると認められた者には基本的に認められます。

ということで、法学部在学中にしっかり勉強して予備試験に合格できる実力を備えた者は法科大学院に行かずとも司法試験を受けられるわけです。
法科大学院を目指す人というのは①学部時代の勉強では足りなかったか、そもそも②法学部以外の学部生か、③学歴をアップさせたいかなどなどですね。。。
ちなみに僕は①がメインであわよくば③ですね

司法試験合格率をみると、予備試験組が約60%ぐらいで、法科大学院は大学院によるところが大きく、悪いところでは10%、良いところでは60%近くとピンからキリまであります。

(2)学ぶ内容
法学部では法律科目以外にも政治科目など学ぶ内容にも幅があり、またその目的も公務員向けだったり、企業向けだったりいろいろですよね。
法科大学院では主に法律実務家なるための勉強をするのです。

(3)学ぶ人
法学部に比べて法科大学院には社会人経験者だったり、他学部出身者だったり、いろんな人がいます。年齢層も幅広く、幼児から子供まで、、、じゃなくて20代から50代?まで、とにかく幅広いです


(4)未修者コースと既修者コース
・・・すいません ちょっと長いんでまた気が向いた時に続きを書きます

TOEFL奮闘記 最終話

みなさん、お久しぶりです

この度、皆さんに残念なお知らせをせねばならなくなりました。


それは・・・

僕が留学を諦めなければならなくなったということです。


その理由の詳細は明かせませんが、自ら諦めたわけではないということだけ伝えさせて下さい。そのような読者のみなさんを裏切るようなことは、僕にはできません。

そうやって自らを追い込むためのブログでもありましたから・・・・

私としても、1年生のころから3年間ずっと願ってきた夢だったので、非常に残念です。

人生って思い通りになるものではありませんね (残笑)

でも、これも神様の導きであることを僕は信じたいと思います

今までありがとうございました。そして、申し訳ございませんでした。

読まれた方は是非クリックにご協力お願い致します。



ありがとうございます。

TOEFL奮闘記08

どうも僕です

先週の総勉強時間は7時間ぐらいやったと思います。

単語は相変わらず覚えきれてはいません。

いつも目標達成できてないことを報告するのは苦しいですが、この土日の二日間非常に希望を感じられる出来事がありました


実は2日間ほとんど勉強はできなかったんですが、非常に有意義なひと時を東京で過ごしていたのです
僕と同じく専門家の道を志す先輩方と会い、どうやって苦しい時、つらい時闘っていったのかを聞きました。

その中で特に感動した内容を報告したいと思います。




専門家になるには統一原理で言う三大祝福が非常に重要なんだそうです。


(専門家の道において)

第一祝福の個性完成とは
自己主管!!つまりは、自己管理能力のこと。いらだつことをやめ、集中するときに集中するというように自らの心をコントロールできるようになること。そうすれば勉強もおのずとできるようになる。

第二祝福の家庭完成とは
広く言えば人間関係・・・人を許せるか、心を開けるか=「許しと愛」研究チームや職場のメンバーとうまくやって行くにおいて非常に重要


・・・・まだまだ書きたいことはたくさんありますが、僕も結構忙しいので続きはまた来週!!

TOEFL奮闘記07

どうも僕です

いつもサル顔で挨拶しますが、これよりかはまだイケメンです(笑)


先週の総勉強時間は7時間、すいません、最近土日に何かと予定入れてて、平日はだいたい平均1時間の勉強です。
ここ最近「有言不実行」な僕ですけど、皆さんあきらめず応援して下さい

今週の土日もちょっと東京に出ようと思ってるので時間は取れないですけど、今週はテストもないので平日頑張ります

目標は8時間そしてなんとか今作成された僕の単語カードを覚え切りたいと考えてます。



ところで、最近少し考えてしまうんです。   

何を?といいますと、自らが英語を勉強することの意義です。

僕は将来ロースクール進学を考えているのですが、既習コースを目指す人はもう法律の勉強バリバリだと思うんですけど、自分は英語の勉強と授業の予復習、テスト対策、サークル活動ではっきりいって手一杯です。だから自分の中では来年度半年留学してから未修者コースで阪大、名大目指しているんですね。

でもなぜ今留学なのか?
本来であれば、2年生の時に行くというのが僕の理想でした。しかし、留学する前にやるべきことが僕にはあったんです。
それは・・・・・人格の成長
1年生当時の僕は映画やアニメなど結構2次元の世界にはまっていきそうだったんですね
夜は1時、2時までおきて、娯楽にふけるか、バイトかで次の日の午前中の授業は潰れるというなんとも不規則で、まるで自己主管(自らをコントロールすること)のなってない生活をしておりました。


そんな時出合ったのがCARPです。
優しく、本気で自分の将来のことを考えて下さる先輩方と人格の成長目指してともに歩む同志たち・・・・
犠牲にしたものも多くありますが、それ以上に得るもののほうが大きい日々を過ごせました。
そう、僕はCARPによって救われたのです。
CARPの仲間たちと世界の平和を願って、為に生きる日々・・・・




僕は将来、国際舞台で活躍できるような人間になりたいのです。
そしてこのCARPメンバーとともに世界の為、日本の為に働きたいんです。
こんなこと言ってる僕ですが、まだまだ自己主管しきれないし、いろいろと足らない部分の多い僕です。
様々な人から「もっと現実見たら」と言われてきましたが、現実を見ることと夢をあきらめることは決してイコールではありません。
たとえ遠回りしてでも、世界に対する想い、日本に対する想いを忘れず、あきらめずに頑張りたいと思ってます。
留学は自らの見聞を広めることにもなりますし、半年という短い期間だとしてもある程度の語学力はつくと思います。それに、僕はアメリカの街づくりにも非常に興味があって、受験勉強や仕事などで忙しくなる前に一度はいきたいなと思ってるんです。



でも、それでロースクールにいけない状況が生まれては意味がありません。なので弁護士になってからでも留学は遅くないのではないかという考えも出てくるのです。

どなたか、僕と同じような悩みをもったことがある方がいらっしゃいましたらアドバイスください



ぽ ち っ と ⇒ 

TOEFL奮闘記05・06

どうも僕です

先週はすみません、ブログアップする気力がなかったです

先週、今週と中間テストやサークル活動、ゼミなどに追われてまして、ぶっちゃけ英語の勉強をないがしろにしておりました。
今週もテストありますが息抜きに英語の勉強やっていけたらなと思ってます
ちなみに先週、今週合わせておそらく総勉強時間は10時間程度だと思います。

最近思うのは、やっぱりボキャブラリーないと英語はできないなということです。
今さら何ですけど、何とかしなければ!!  でも単語カードだけでは不安だし・・・



ということでこんなの買ってみました

51y-WXG6amL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09__convert_20120610215240

http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4860642821/ref=sib_dp_pt#reader-link

今週しっかり計画立てたうえで頑張ろうと思ってます。

とにかく毎日1ページこれをやるのと平均して毎日2時間以上は英語やりたいですね

今週は名誉挽回ということで頑張ります