スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして!

お元気様です!

皆様はじめまして!
まっちゃと呼ばれております。
CARPに出会って4年!のなかなかの古株でございます。
たくさんの兄弟姉妹に出会い、
卒業していくメンバーも見送りながら
人の変化や成長していく姿を日々見させてもらってます。

これからちょくちょく顔を出すこともあろうかと思いますのでよろしくおねがいしまーす!

今日はなんと聖子さんとご飯を作るんです!いろんな人とご飯はつくりましたが、初めてなのでとても楽しみな今日の始まりです(もうお昼だけど!)
関連記事
スポンサーサイト

岡山市一斉清掃!!

やっほうぅぅぅぅぅぅぅぅうぅぅぅっぅっぅぅうっぅぅぅぅ
副代表の銀時です


10月15日、岡山市美しいまちづくり推進委員会の一斉清掃に参加してきました
IMG_5792_convert_20111020142633.jpg
ちなみに一番左が僕です







これは半期に一回だけ市が主催している清掃プロジェクトで、主に岡山駅周辺のゴミを拾って回っています
その目的は清掃活動に多くの人に参加してもらうことで、ごみ問題に関心をもってもらうことです。
自らポイ捨てされたゴミを拾うことで、ポイ捨てをしたくなくなる、そんな人の心理をいかしてます。


この日はなんとー1000人以上の人が集まり岡山の街をきれいにしていきました――――
IMG_5793_convert_20111020142741.jpg

僕ももう2年以上この活動に参加してきましたが、こんなに集まったのは初めてでビックリ(;゚Д゚)!しました。




僕らが所属したのはC2グループで、なんとそこにはあのファジアーノの選手らしき人が
これが一緒に清掃しているときの写真です
IMG_5813_convert_20111020150550.jpg

後ろの二人がおそらくそうです。なんかスゲーな




岡山駅東口周辺は意外と綺麗で、そんなにゴミはなかったのですが、やはりタバコの吸殻は非常に目立ちました。IMG_5827_convert_20111020143325.jpg

皆さんタバコのポイ捨てはやめましょう





こうして、ごみを拾ううちに僕たちの心もスッキリ!!
良き一日となりました
IMG_5834_convert_20111020143357.jpg
関連記事

秋っていいですよね。
私は、秋好きです。

岡大には、銀杏並木があって、ちょっと銀杏の匂いがするんですけど

最近、自転車をこいでて

きんもくせいが本当にいい香りで、

毎日大学まで、ウキウキルンルンで登校してます
関連記事

岡山CARP後期第2回定例研究会

10月12日水曜日、第2回定例研究会を行いました

今回は「非自由民主主義体制とその変動」という題目で非自由民主主義体制とは如何なるものかみんなで一緒に勉強していきました




第二次大戦後 当時は非自由民主主義=全体主義?という考え方が主流だったのですが、その後の研究でファシズム体制の実態とも、共産主義体制の実態ともかけ離れているのではないかと批判されるようになり、非自由民主主義体制=全体主義とは一概には言えなくなってしまいました。

そこで現れてきたのが権威主義です。権威主義とは民主主義体制には当然含まれないが全体主義にも分類することができない体制を表す言葉です。




ここで全体主義と権威主義との違いを簡単に紹介します。

①全体主義が単一イデオロギー、単一の独裁政党による支配を行なっているのに対し、権威主義は国家による特定の政治社会思想に制約されない慣習的な考え方が根底にあり、限られた人に対する限られた思想の自由が認められており、単一政党ではないということ

②権威主義は新たなイデオロギーではなく保守的な思想なので政治動員が低度にすすむことです



これらを踏まえると、ソ連のスターリン主義や独のナチズムなど以外はほとんど権威主義に当てはまるのではという議論も出ており、今日では権威主義体制が非民主主義体制を扱う一般的なモデルとなりつつあります。




そこで、じゃあどの国が全体主義に当てはまるのかみんなで考えてみました

111012_141844_convert_20111014115051.jpg

結果、今の北朝鮮とか戦時中の日本とかが当てはまりそうです。
意外と、どの国が全体主義に当てはまるか特定するのはそれぞれの国について詳しく知らなければ難しくて、みんなその場でケータイでwikiってたりしました



メンバーには今月の課題としてそれぞれの国についてその国の政体や形成過程、文化など調べてくるといった課題をだしているのでこの問題についてはその時に考えて見ようと思います。


それでは次回おたのしみに
関連記事

ips細胞について

どもどもブッチっちです。Ψ( ̄∀ ̄)Ψ


今日は専門的な内容について少し紹介させていただきます。(>д<)0

みなさん「細胞」っていうとどういうイメージをお持ちですか?
だいたいは人の体を構成しているものだと思います。

ところで、ips細胞ってご存知ですか?
(induced Pluripotent Stem cell)人工多能性幹細胞なんですけど…
大人や皮膚などの細胞を遺伝子操作して、人工的に作る。いわば、細胞の時計の針を戻し初期化してしまうことらしいです。

このさいぼうは、どんな細胞にもなれるみたいですw( ̄Д ̄ w


かんたんにいえば人の臓器をこの細胞で作れちゃうんです。

す、すごいオォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!


ただ、倫理的な問題があります。

よくうわさされているのが同性愛同士の間に子供を作ることができることです。

……w( ̄Д ̄ w のぉぉぉぉぉぉぉ~!!

科学もとうとう道を見失っていくのではという不安になりますね


科学、医学、工学すべて人間にとって尊く素晴らしいものであるにもかかわらず一歩間違えればあまりにも危険な技術になってしまいます。

はたして科学がこのままいってしまうとどうなってしまうのでしょうか?


そもそも同性愛というのは道徳的なものでありますよね?

道徳的なものを追求していくのは宗教です。

やはりこうしてみると宗教と科学ってなにかつながっているのかと疑問に思わせる部分ありますね。


科学の行く先はなんなんでしょうか?
 世の中しあわせにしていきたいから

宗教の行く先はなんなんでしょうか?
 世の中しあわせにしていきたいから


同じ目的なのになぜ世の中は認め合うことはできないんでしょうか?

考えれば考えるほど深いです

あなたは科学か宗教かといわれてどちらをとりますか?

実際はどちらもとることができないと思います。




だってどっちも必要だからですv(。・ω・。)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。