いじめ

みなさんも最近よく耳にするいじめ事件について少し考えてみたい。


大津市で昨年10月、市立中学校2年の男子生徒=当時(13)=が飛び降り自殺した問題で、全校アンケートによると、昨年の夏休み以降、男子生徒への暴行が集中していた。
同月17~19日に学校が全校生徒859人に実施したアンケートでは、亡くなった男子生徒が「首を絞められていた」など、暴力を振るわれていたとされる回答が114件あった。「先生も見て見ぬふり」など、教員がいじめを黙認していたとの内容も多い。
この事件が騒動になって以降、担任教師の男性は表に出なくなっている。最大の問題は、この担任教師の教育的無関心が事件の背景にあることを知りながら、彼の存在をひた隠しにしようとする学校と教育委員会の姿勢にある。
そうした対応を見ると、生徒を第一に考えるという教育者として大切な部分が決定的に欠けているのではないかと思わざるを得ない。守りたいのは生徒ではなく、学校と教師の体面だけなのである。
<産経新聞yahoo!newsから引用>


私はこの記事を読み、大変な憤りを覚えた。

なぜこのようないじめが起こるのだろうか。誰しも幸せを願い、平和を願い生きているはずなのにこのような不和が生じるのだろうか。

いじめ問題について、このブログをご覧になっている皆さんと一緒に私が今直面している身近な例をあげながら考えていきたい。




関連記事