皆さん、体調はいかがですか?

皆さん、こんにちは(o^〇^o)
お久しぶりです。みころです。

お元気でしたか!?
今はお元気ですかー!?

(´ー`*)ウンウン(´ー`*)ウンウン
の声が多いことを願いつつ。

と…いうことで。
寒い寒い、ですね!
岡山ではここ数日で急に冷え込んでまいりました!
皆さんの地域ではいかがでしょうか?

ふとカレンダーをみると、なんと、もう12月。
あれ? いつの間に Σ(・□・;)

師走突入!! なんですねー!? Σ(・ω・ノ)ノ!

「師走」 「年末年始」 = 「多忙」 という声をよく聞きますけれど…!
その忙しさに、体調も万全にして臨んでいけたらいいですよね!

そこでそこで、今回は防寒対策についてお話したいと思います。

防寒対策!といっても色々ありますが。
ここでは、
1. 寝る時
2. 飲み物
の二つに絞ってお話したいと思います!

ところで、防寒対策は、ひとつだけ実行するよりも、
いくつかを複合して実践したほうが効果は高いそうなんですね。
なので、自分に合った方法をいくつか組み合わせるのをおススメします。

1. 寝る時
毛布は身体の下に敷く
下から、
敷布団→毛布→自分→掛け布団 の順番がよいらしいです。
毛布が2枚あれば、
敷布団→毛布→自分→掛け布団→毛布 で寝ると、より温かいですよ♪

薄いものを重ね着
例えば、分厚い服を2枚着るよりも、
薄手の服を3枚も重ね着したほうが、保温効果は上がるそうです。
素材は、ウールやシルクがおススメです!

腹巻き レッグウォーマー
腹部を温めることで、温まった血液が手足の末端へ行き届き、足先の冷えまで解消されるそうです。
なのでぜひ腹巻きを!
ちなみに自分も、高校時代愛用してました( ´∀` )
今も欲しいです…!

よくやってしまう、靴下の重ね履きは、かえって、かいた汗が冷えたり、血流が悪くなるのだとか。
代わりに、レッグウォーマーは、足をゆるく包んでくれる分、よいそうですよ♪


2. 飲み物

身体を冷やしてしまう飲み物 として、
コーヒー、麦茶、緑茶、牛乳、抹茶、豆乳、清涼飲料水 などなど…が挙げられます。
これらはホットで飲んだとしても、結果的に身体は冷えてしまうらしいです (゚Д゚)

そこでそこで。
おススメなのが 紅茶 or 烏龍茶
ここでは、あの有名な生姜が活躍します!
例えば、紅茶にいれて生姜紅茶で飲めば効果もアップ♪
また、すりおろしorチューブの生姜を、
味噌汁やお湯にいれて飲んでもよいそうです…!

飲むタイミング
1日3度♪ 朝、入浴前、就寝前に飲むとよいそうですよ(o^―^o)

以上、簡単な防寒対策でした(^▽^)


年末年始、皆さま様々なご予定があるかもしれませんが、
忙しさを乗り切るためにも、
また、家族や友人と笑顔の時間を過ごすためにも、
万全の体調で、臨んでいきたいですね!

ここで挙げたのはごく一例なので、そのほかにも自分にあった方法を
お試しいただいて、ぜひ、風邪などひかないようにお過ごしくださいね。

そして何よりも、身体の健康もそうですが、心の健康もより重要です。
心が寒々としていたら、身体をあったかく過ごしても、喜びは少ないですよね。
周りの人との、心の交流を深めながら、
ぜひぜひ 心もあったかく、 過ごしていきましょう。
関連記事

忠孝の心

お元気様です!

4年生もついに後期になってきました旭です。

つい最近入学したばっかりな気もするんですが、残念ながら気だけでした(ノ≧ڡ≦)てへぺろ
しっかり時間は過ぎてましたね、月日が流れるのは早いものです。

卒業後は就職もするので親孝行していけたらいいかなと思ってます。


そこで、最近大事だなと思ったが忠孝の心、です。

それをテーマにした出し物があったんですが、見ながらこの気持ちは大事だよなーっていうのを改めて感じたり、実際家族を大切にしているメッセージは聞いているだけで幸せな気持ちになります。

一般的にはあまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、

「忠」:主君に対して裏表のない態度を意味する概念

「孝」:親によく従うことを意味する

近世日本においては朱子学伝来以後、「孝」よりも「忠」の方が重要だと考えられ、武士道に影響を与えることになったりもしたようです。

過去の将軍にも、忠勝や忠平など、名前に「忠」という言葉が入っている人が多くいました。


そして、「孝」は親孝行などでお馴染みですね。
「忠孝」とは上の2つの意味を結合した道徳思想です。

日本でも古来より人倫道徳の大本として重んじられてきましたが、

最近では、目上の人に従おうとせず、育ててくれた親にも感謝すらしない、そのような若者たちが増えてきているということを、大学での周囲の様子であったり、ニュースなどから感じます。

しかし、忠孝というのも、ただ従う、命令に絶対服従というような上から下の関係とはまた違います。

ただ従うだけの関係にどうして信頼関係や愛が発生するでしょうか。

親の指導にしても土台に愛あってこそであるというのを考えれば忠孝の根底にはがあるものだと思います。

まぁ今の世の中であるような家庭の問題というのも親の中に正しい愛がなかったり、それこそ自分勝手に生きる今の流れに乗ってしまった結果かも知れません。

本来あるべき道徳の精神や人としての価値を失うような文化に影響されている人が多いのだと思いますが、

そのような自己中心的な生き方は本当の幸せには辿り着けないものだと思います。

親孝行の気持ちがない人は本当の意味での感謝の気持ちを感じることは難しいのではないでしょうか?



過去にはあった忠孝の心を今一度取り戻して、人を思いやる本来の愛を、人格を持っていきたいですね。
関連記事

進路についてお話を聞きました。

こんにちは!お久しぶりです、クッキーといいます。

最近は暖かいなと思えば、ぐっと寒くなりましたね((´д`)) ブルブル…。
みなさん、体調は大丈夫でしょうか?体調を崩しやすい時期なので気を付けてくださいね(⌒∇⌒)!

それはさておき、先日進路についてお話を聞く機会がありました。
就職についての話だったのですが、聞けば聞くほど不安になりますね…(-_-;)
エントリーシートを提出しても、面接までいくのはごく僅か…。面接も入ってきての
第一印象でほぼ決まるといいますよね。
質問も試される質問だったり…。
高校とか大学とは違うのですごく緊張しますね…(*_*)!


でも、話を聞きながら改めて社会に貢献できる職業に就きたいなと思いましたね。
岡山CARPでの活動でも、地域の為に何が出来るだろうかと考え、プロジェクトを実践していく中で、
卒業後はさらに社会に目を向けていきたいですね( • ̀ω•́ )✧

そして、改めて!目標を持つって大事ですね!
いい大学に入っても、目標が無いがゆえに学んだことを生かしきれていない
学生も多いそうです…(´・ω・`)
ちょっと、もったいないですよね。

今の日本を支えていくのは、若者たちですからね(`・ω・´)!
ぜひ目標を持って学んだことを将来に繋げていけたらいいですね。
関連記事

後期初の維新黎明塾(旧定例研) ヽ(≧∀≦)ノ

お元気様です~  どうもフニャンチュウですヾ(o´∀`o)ノ

11月入って、朝夕が急に寒くなりましたね。

朝弱いフニャンチュウはよりいっそう布団から出られなくなくなってますw(゚o゚)w


でも、そんな寒さには負けず熱い議論を交わしてきました!



そう、そうです!


後期初の「維新黎明塾」を開催しました!(´∀`*)





「維新黎明塾」ってなんだー、初めて聞いたぞって感じだと思います。




前期の定例研究会の活動をちょこちょこブログにも載せていたと思います。そう、あの定例研です!



そして、その定例研究会にかっこいい名前をつけようということで、厳正な投票の結果・・・
 ォ━━(#゚Д゚#)━━!!




「維新黎明塾」
に決定しました!♪───O(≧∇≦)O────♪


簡単にいうと「維新」というのが新しくする、「黎明」というのが始まりということを意味しますが、自分たちも若い力でこれから新しい風を吹かしていきたいと思ってますヾ(・∀・)ノ



それで今回は今話題の・・・「安保法案」についてです!




報告チームから発表して議論するという形式で行いました



各マスコミ報道の比較、安保法案制定の歴史の変遷、国際的に見る安保法案、賛成反対意見という4つの項目で発表しました。


フニャンチュウを含め4人が発表してくれたのですが、とてもまとまっていて分かりやすかったです\(^o^)/


国内のマスコミの報道は新聞では産経新聞などを除くと反対が多いみたいですね。


でも、国際的に見ると中国と韓国を除く、アメリカや東南アジアを中心とする国は日本の安保法制に賛成のコメントを出していますΣ(゚д゚|||)




なぜ、ここまで意見が分かれるのでしょうか?そもそも、安保法制を整備するメリットは何でしょうか?





ここでイラク派遣された自衛隊の事例を挙げてみましょう(産経新聞2014年3月18日より)


《陸上自衛隊幹部が式典に参加中、建物の外でその警護にあたっていたオーストラリア軍が暴徒に襲われた》
《陸自車両を警護するための打ち合せに来た豪軍車両が、陸自拠点の入り口で暴徒から攻撃された》



つまり、PKOでともにイラクに派遣されていたオーストラリア軍を日本の自衛隊が助けることができるかということが問題になってます。



この記事を読んでいるあなたが自衛隊員ならどうしますか?



「まあ、日本は確かにオーストラリア軍さんに守ってもらっていますけど攻撃されてないからオーストラリア軍さん、せいぜい頑張ってくださいな」と何もしませんか?


たいていの人なら、味方のオーストラリア軍が攻撃を受けたら助けに行くと答えるでしょう。


実際のところ、この事件はどうなったと思いますか?


自衛隊は2つの事件とも施設や拠点に引きこもり、ただその状況を見つめるしかなかったのですΣ(゚д゚|||)




なぜかというと、そのような状況での自衛隊の救助は、「駆けつけ警護」という憲法で禁止している武力の行使に当たるとされていたからです(゚д゚)




一応「駆けつけ警護」とは何かと説明しておきますと・・・


「離れた場所にいる国連や民間NGOの職員、他国軍の兵士らが武装集団などに襲われた場合に助けに向かう任務。」
(コトバンクより)



「国際活動に参加できる組織ではない」「ともに活動する相手として信頼できない」



これはその時のオーストラリア軍の自衛隊に対する評価です。




うーん(゜-゜)自衛隊の方々は誇りをもって派遣されていると思うのですが、これでは逆に士気がさがりますよね(*`へ´*)


そしてその状態を改善する形で、今回の安保法制の整備によって、ついに「駆けつけ警護」が認められるようになりました\(^o^)/



ちなみに日本国憲法前文にこうあります。

「われらは、いずれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」



日本の安全保障体制は、安保法案成立以前ではこの憲法前文に矛盾しているのではないでしょうか?


だって、先ほど挙げた事例で自衛隊は駆けつけ警護ができなかったわけですから( ノД`)



そして、安保法案が成立した現在、やっと安全保障上も他国と連携を取っていけるような国になりつつあるのではないでしょうか?



一国平和主義ではなく、日本には他国と連携しながら世界平和に貢献していってもらいたいですねo(^▽^)o
関連記事