スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡大のクォーター制・60分授業って何?という方へ【制度編】

ご無沙汰しています、岡山CARPです。


突然ですが、久しぶりになってしまった言い訳です。
先月末、期末テストがあったんです…!



5月に期末テスト…(?o?)







実は、2016年度が始まって私の通う岡山大学では、
アッ と驚く大改革が行われました。



60分授業 & クォーター制





クォーター制 を導入している大学はまあまあ多いのですが、
60分授業 という、ちょっとハテナな制度はたぶん岡大だけ!



いったいこの制度どういうものなのか…
実際の学生の立場から ぶっちゃけ どうなのか…
気になりますよね




そんな声にお応えして、
60分授業・クォーター制について、現役岡大生の感想とともに、お伝えしようと思います。
(今回は制度についてです。感想は後日更新予定!)









まず最初に、クォーター制って何?という方。




日本の大学の多くは、 セメスター制 といって、
一つの科目が半年で完結する、2学期制のような制度をとっています。



一方、クォーターというのは英語で「4分の1」を意味する言葉で、
クォーター制 は分かりやすくいうと 4学期制 です。



つまり、1年間を小分けにして、短期間で集中的に学ぶぞということだそうな。





最近はクォーター制をとる大学が増えていると聞きます。

岡山理科大学や、
お隣の広島大学、神戸大学などもクォーター制です。











そして、気になる60分授業とは。




その名のとおり、授業時間が1コマ60分になりますよ、という制度です。


ちょっと待った。 大学の濃~い授業内容で60分って大丈夫なの と皆さんお思いでしょう…。





心配されるなかれ。
一部の教養科目(英語など)を除き、ほぼすべての科目は 2コマ連続 で行われます。


実質、間に10分休憩をはさんだ120分授業です!


つまり、授業時間は短くなったのではない。長くなったのです
(3コマ連続で行う授業とかも開講可能だそうなので、もしかしたら存在するかも。)









ところで、


日本の大学は、大学設置基準という文部科学省の省令を基準として設置されています。
名前がそのまんまで実に分かりやすいですね。




これの第21条に、単位について書いてあります。



第二十一条 各授業科目の単位数は、大学において定めるものとする。
2 前項の単位数を定めるに当たつては、一単位の授業科目を四十五時間の学修を必要とする内容をもつて構成することを標準とし、授業の方法に応じ、当該授業による教育効果、授業時間外に必要な学修等を考慮して、次の基準により単位数を計算するものとする。
一 講義及び演習については、十五時間から三十時間までの範囲で大学が定める時間の授業をもつて一単位とする。
二 実験、実習及び実技については、三十時間から四十五時間までの範囲で大学が定める時間の授業をもつて一単位とする。ただし、芸術等の分野における個人指導による実技の授業については、大学が定める時間の授業をもつて一単位とすることができる。
三 一の授業科目について、講義、演習、実験、実習又は実技のうち二以上の方法の併用により行う場合については、その組み合わせに応じ、前二号に規定する基準を考慮して大学が定める時間の授業をもつて一単位とする。





基本的には授業当たりの単位数は大学が定めてくださいねと言うことなんですが、
目安として、1単位の中身は、大体45時間くらい学んでマスターできる内容にしてね。(意訳)



1単位に45時間ということは、15回(大体の授業回数)で割ると、3時間。
つまりまじめに従うと、1コマ3時間の授業を週1で半年間受けて やっと 1単位がもらえる!という、
われら学生にとっては何とも世知辛いシステムになってしまいます。



通常、大学の授業は1コマ90分だと思います。
90分の授業を半年間、週1で受けると2単位もらえちゃうというお得システムです。


とすると、
2単位獲得に必要な残りの 67.5時間 はどこへいったのか。



「「 授業時間を削った分は、各自お家で予習復習して補っといてー 」」



なんとーそうだったのか。
実に学生の自主性を重んじている。あっぱれ。




なので、60分授業だと、これよりさらに学生の自主性を重んじることになるというわけです。








少しややしい話をしてしまいました。
ではでは、岡大でこのたび導入された制度は実際のところどうなるんでしょうか。


ここで、 ポイント は、
60分授業とクォーター制が組み合わさっている
ということです。





90分授業 × か月 = 単位

これが、





60分授業・60分授業 × か月 = 単位

こうなります!
2コマ連続にすることによって、2か月で15回やったれということですね。
また、今まで2単位セット売りのみだったものが、1単位ずつのバラ売りになりました。




これを 大変になった ととるか 楽になった ととるかは人それぞれですね。



ということで、次回、後編では現役岡大生の声をお伝えしていきたいと思います。
こうご期待
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。