被害弁連のビラの検証

1+001_convert_20110711193617.jpg
2+001_convert_20110711193507.jpg

このビラは岡山大学でも、入学式の新入生に配布する資料の中に入っていました。
これは、被害弁連が作成したビラで、大学はわざわざ購入して配布しているらしい・・・のです。

でも、国立大学ですよ?もしそれが事実なら、税金や私たちの授業料をこれを配るために使わないでほしいです。


他大学でも、掲示されている大学もあったようですが、
しかし、新潟大学をはじめ山口大学、九州大学、筑波大学でも
現在このビラは撤去されました。

来年の入学式では、岡大はまた配布するのでしょうか?


いくつかの他大学は、私たちのことを思ってビラも撤去してくださったのだと思います。

他大学の学生支援課の反応は
「大学の意図するものではないので外す」
「大学は特定団体を名指しで批判することはない」

そうですよね。私たちも守られるべき学生であり、実際精神的に被害を受けているのであります。

しかし、岡山大学の反応は、他大学の学生支援の反応とは違うようです。

学生生活を応援します。のパンフレットからは消したが、配らないとは言っていない。方針として配るようになった。来年からはわからないけど。大学としても、学生を守らないと。
パンフレットには弁連が作った資料を載せている。学生の意見として受け止めます。少なくとも意見は聞きましたが、受け入れるかは分かりません。パンフレットに対して、思想信条の権利は迫害していない




このビラは、IMPACTは強いけど、誇張が多いです。よね?
まず、マイナスのイメージが先行しますよね。

普通に傷つきますよ。精神的苦痛もあります。
私たちにとってみれば、被害弁連がつくっていたとしても、大学が警鐘をならしている団体だと思います。

心から喜ばせたいと思ってした賛美も騙されたなんて・・・

悲しすぎます。

どうか学生支援課が学生を守るためにあるのなら、私たちも守られる学生の対象であるということを忘れないでください。





関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する