岡大CARP第一回定例研究会

今回はなんと~・・・なんとなんと~



第一回定例研究会をしました!!イエ―イ




毎週水曜日に開かれるこの定例研究会ですが、以前からやろうやろうと思いながらも
なかなか始まらなかったこの研究会


とうとうその火ぶたが切って落とされたのでありますよかった



いや~、副代表も我ながら頑張った







ということで、
さっそく活動報告~



今回、この定例研究会に参加したのは私含め全員で6名のメンバーが参加いたしました。
司会はなんといってもやっぱりこの方
110615_154419_convert_20110621013508.jpg

そう、僕です(笑)すいません






今回のテーマとしては「国家について考えてみよう」ということで、、、


ディスカッションした内容としては
1国家についてのイメージ
2国家という共同体は何のためにあるのか
3国家と私の関係
4これから日本をどのようにしたいか


この4点について話し合っていきました



1では政府や行政といった支配する側のイメージが強く

2では法律を作ることで秩序を守るためというところでおおよそ意見が一致しており

3では必要なものを与えてくれるだとか

4ではそれぞれ活発に意見が出て楽しい有意義な場となったように思います





メンバーの感想

T.Wさん:人数は決して多くはなかったが、その中でも多くの意見が出て有意義な時間になった。日本の現状や、これからの将来について特に意見が多く出て、一人一人の考えを知ることができた。まだまだ、改善すべきことはあるが、第一回目が開催されたことが大きいと思う。


K.Nさん:定例研究会ではたくさんの意見や考え方を知れてこういう考え方もあるのかと感心しました。社会に出ていくうえで重要な内容だと思います。


T.Mさん:初めての定例研は新鮮でした。意見のよく出るテーマとあまり出ないテーマがあり、テーマ決めが重要だと感じました。面と向かって言いあえる場ができて非常に有意義な場だと思います。

110615_140650_convert_20110621013407.jpg


みんな非常にいい感想を言っていました。




私の所感としては

 今回はとにかくキックオフということで、まずはテーマである国家について、それぞれがどのような考えを持っているのか共有する場とした。活発に意見が出て、それぞれどのような考え方を持っているのか知るいい機会となった。そういった意味では非常に有意義な場であったように思う。
しかしながら、それぞれのトピックをうまく関連付けることができず、話全体としてはうまくまとまり切らない面があった。議論にゴールが見えなかった。

 次回は今回の内容を踏まえたうえで、理想的な国家体制とはどのようなものか意見を出し合うこと、その前提として国家体制の代表例としてどのようなものがあるのか基本知識をメンバーに知ってもらおうと思う。





さらにみんなが興味を持てるような定例研究会にしてやるぜ!!


目指すは参加メンバー10人越え
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する