スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生数学基本調査実施‐大学生の24%が平均理解できず‐

 数学の基礎学力や論理的思考力が十分身についておらず、24%の大学生が、小学6年で習う「平均」の考え方を尋ねる問題が分からなかったことが24日、日本数学会が実施した「大学生数学基本調査」で分かった。
 大学生を対象にした同学会の大規模な調査は初という。平均の問題は理工系の学生も18%が間違えるなど学力不足の現状が浮かんだ。
 同学会理事長の宮岡洋一東大教授は「『ゆとり教育』と学力試験を課さない推薦入試の増加が学力低下に拍車を掛けた」とみている。(共同)  http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120225k0000m040042000c.html


 なんとも悲惨な現状ですね。これから日本を背負って立っていくべき大学生がこれでは…
しかし、少し考え方を変えるとこうも考えられます。

小学生の問題が解けなくても大学に入れてしまう。

これは、非常に懸念すべき問題ではないかと思うのです。
大学と言えば、日本の最高の教育機関のはずです。
そこから将来日本を、世界を動かす人材が排出されるべき場所のはずです。
一生懸命勉強して、努力してプレッシャーに打ち勝って初めてその栄光を掴めるはずなのです。

「平均」が分からないなど言語道断!!のはずなのです…
しかし、それでも入れてしまう不思議

もはや、「ゆとり教育」がどうだとか言ってられないと思うのです。
「ゆとり教育」によって学力低下を招いてしまった事実はあるかもしれませんが、その学生を受け入れてしまう大学も大学です。


そこにあるのはもはや、教育機関としての大学ではなく金儲けの道具と化してしまった「大学」と言う名の悲しいモラトリアム製造機なのかもしれないですね。

最後にその大学生数学基本調査で実施された問題を載せておきます。是非やってみてください。
【問題】
【正答例】




読まれた方は是非クリックにご協力お願い致します。



ありがとうございます。
関連記事

コメント

学力問題はずいぶんと長い間言われてますね。

でも、ほんとうにそれほど問題なんでしょうか。
実際に大学進学率が10%を切っていた頃と50%近い現代では「大学生」のクォリティーが下がるのは不可避です。

今回、掲載されている記事では回答した学生の大学は明記されていませんし、たしかに、平均の問題は間違ってもよいといえるような問題ではありませんが、1-2の問題は、ひっかけることを目的としている…というのは言い過ぎでも、実際の学力を図るのに適切な問題かどうかと疑ってみることも必要そうです。

もともと、推薦やAO入試は総合的な学力に多少の偏りがあっても一芸や、突出した野心や、高いモチベーションがあるなど、多様な価値をもった学生を教育することで、多様な価値観によって構成される社会に適した人材を、排出しようという意図があって出発したはずです。
しかしながら、足りない学力を補って余りある多様な個性を発揮したり、伸ばしたりできる環境を準備できていないことが問題ではないでしょうか?

シラバスを必要以上に細かく明記させたり、授業時間だけ強制的に15回に増やすことで、教育の質を保証しようとする大学の姿勢は、多様性とは正反対の管理教育の香りを感じるのは私だけでしょうか…

高等教育のあるべき姿はその教育機関で学びを享受するものとして関心をもっていくことが重要ですね。

  • 2012/02/28 (Tue) 01:30
  • ぶっちぃ #-
  • URL

日本の大学生・・・。
課題はいろいろあるんだろうなと感じます。

  • 2012/03/16 (Fri) 23:20
  • TAK #-
  • URL
まとめサイトはじめました

全国のCARP公式ブログのまとめサイト「ニュー速CARP」を作りました。よかったらのぞいてみてください。
URLが表示されていなかったら「carp まとめ」で検索してみてください。
これからもブログ更新頑張ってください。

Re: タイトルなし


コメントの見方が今日分かりました(汗
無視していたわけじゃないですよ。

そうですね。この学力低下は、大学側にも責任はありますが、意欲を持って学ぼうとしない学生にも責任があるということですね。
モラトリアム製造機があるということはそれを求める者がいるということの裏返しでもありますし。
大学というものの在り方、そこに従事している我々の在り方を問い直す必要がありそうですね。

ちなみに、東京大学や京都大学では推薦入試は行われていないですし、AO入試に関しても今年度、東京大学の一部で留学生や帰国子女を対象にわずかばかり行われるだけです。
やはり、高等教育機関において学力の欠乏は致命的にならざるを得ません。だからこそ自発的な姿勢、まさしく享受していく姿勢が大切ということですね。

  • 2012/04/27 (Fri) 13:40
  • 岡大CARP #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。