スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本気で考えてみまSHOW!!

どーもー。ときでーす。
やや久しぶりですねー。


鬼の中間テストも終わり、何かブログをupしよーかなーと
思っていたところ、




ちょっといいことを思いつきましたー!

僕がある授業中ふと思いついた企画とはこれだ!




押してからの~⇒ 

「本気で考えてみまSHOW!!」


(題名で軽くネタバレしちゃってますが・・)


これは何の企画かといいますと、日常にあふれる「あるある」について、
なぜそうなってしまうのかを本気で考えてみよう!というコーナーですよ。


僕は面倒くさがりでですね、じっくり考えることが苦手なんですね。
「ま、いっか。」と妥協してしまうことが多いわけなんです。はい。


なので、深く考える習慣をつけながらブログをupできて、
なおかつコメント欄で「僕(私)はこう思うなー」と議論もできる(かも?)、
もう「一石何とか」なコーナーですよ!!たぶん。


好評だったり、僕が深く考えたい気分になったらシリーズ化もあり得るかもー。キャー!!



そんなわけで今回深く考えてみた議題はー!オォー!!!





「ぱっと時計を見ると秒針が一秒以上止まってるように見えるあの現象」




・・・皆さん経験ありますか??
「あれ?この時計壊れた?」って一瞬思ってしまうあの現象です。
僕は割と遭遇してしまいます。焦ります。


このいつもなら「ま、いっか」で終わらせてしまうこの現象、
本気で考えてみましたよー。シュールでしょー。笑





さて、何で一秒以上止まったように見えてしまうんでしょう。
おそらく時計は正常なはずなので、おかしくなったのは自分たち。
時間が少し長くなってしまったように感じたわけです。
なぜ時間が伸びたように感じてしまうのか。





もう妥協したくなる気持ちを抑えながらも
僕なりに本気で考えてみました。
・・・こんな事を。笑




時間が長く感じてしまう時とはあの時しかないはずです。
そう、「楽しみ」な時。



遠足とか修学旅行の前なんかは、待ち遠しすぎて一日がめちゃめちゃ長く感じますよねー。
あの感覚が秒針が止まっているあの一瞬で起きているのでは、と思いました。



つまり、無意識のうちに秒針が次に動く瞬間を楽しみにしてしまっているがゆえに感覚が鋭敏化され、時間が延長されたように感じてしまうのではなかろうか。


すごくカッコつけていってみました。論文チック。



Thinking Time 約一時間。
この結論に至りました。自分は。考えすぎだ。笑


ネット検索などは全くやってないので、事実と違うところもあるかもしれませんが、
「自分でじっくり考える。」

これを重視してやってみました。
皆さんも是非「考える」ということを意識してみてください。
最近は深く考えない人が多いらしいですよー。



「その意見に物申す!!」みたいなことがあれば
どしどしコメント待ってますー。


なんだかんだ長文になってしまったので、
またシリーズ化が実現すれば登場します!


ではではまた。
関連記事

コメント

あるある~!!
私も気になってたんだよね~。

1時間も考えるとは・・・・。
さすが岡大生!

  • 2012/06/27 (Wed) 13:18
  • いずみ #-
  • URL

なかなか面白い記事だね(笑)
観点が違うは
さすが岡大生!

シリーズ第2弾期待してます(゚∀゚ )

  • 2012/06/28 (Thu) 12:23
  • H2 #HLpwMVpo
  • URL

あったかな~~~
1時間も考えすぎじゃない。
次のテーマは、こんなのどうでしょう。
「ついつい、言い間違えてしまうトキ」

  • 2012/06/28 (Thu) 14:19
  • ケpー #-
  • URL

考えついた議題がしぶいねぇ(笑)

てか授業中に考えるなんて・・・

次もまたおもしろい議題期待してますよ♪

  • 2012/06/28 (Thu) 23:19
  • 風の申し子 #-
  • URL
・・・

時間の長さの錯覚は我々の中にある先入観の産物じゃないかと。

通常なら、例えば20時20分20秒85とかいうタイミングで時計を見たら、その0.15秒後に針が動く。しかし、もんのすごい奇跡によりたまたま20時20分20秒01で時計を見ちゃったらその0.99秒後に動くわけで、後者は前者よりも0.84秒ほど長く感じる。

我々の中にだいたいこんくらい後に動くやろっていう先入観があるから、無自覚に比較して長!て感じるんじゃ?

べつに調べちゃいないけど。実際にはどういう仕組みなんかな笑
解答も掲載してくださいな。

  • 2012/06/29 (Fri) 02:21
  • kyasi #-
  • URL

皆さんたくさんコメントありがとうございます!

この現象、名前があるらしいです。

人間が目を動かしている間、脳は視覚情報と時間軸一致の処理を少し怠っているらしく、目的物に目を止
めた瞬間に、その視覚情報と時間の流れを一致させて認識しているそうです。目を動かしていた間に流れた時間は目的物を認識してからの時間で穴埋めしているらしく、そのせいで実際より長く時間が止まっているように感じられるらしいです。至らぬ説明ですみません><
「クロノスタシス」というらしいので、また調べてみてください!

  • 2012/06/29 (Fri) 10:55
  • とき #-
  • URL

調べました!!!

秒針が止まったように見えるのは、サッカードという眼球運動が関係しているらしいよ!

眼球は頻繁に眼球運動をしていて、そのサッカード中は脳に画像情報は送られないみたい。
その間は脳がその欠けている間の画像を、前後の画像をもとに補填しているのだそうです。
だから、サッカード中に秒針が動いたら、その映像は見えていないことになるので、1秒以上止まって見えるというわけ。

なぜ眼球がサッカード運動をするのかというと、一点を見つめたら狭い視野しか持てない眼球が、頻繁に動くことで広い視野を持てるようにしているから。

そして、なぜサッカード中の画像が脳に送られないか?はその眼球運動が高速すぎて、画像が脳に送られたら目が回るから。

人間ってうまくできているね!
人間って素晴らしい!!

  • 2012/07/01 (Sun) 00:29
  • いずみ #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

管理人の承認後に表示されます

  • 2012/06/27 (Wed) 16:12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。