最近の読売の記事を勝手にさばく!!

yomiuri


日韓併合の是非については、その当時諸外国も同じようなことをやっていたということを理由に正当化するのは間違っていると思う。それは、あたかも橋本さんが従軍慰安婦の問題について、戦争中はどこでも行われていたこととして正当化の根拠としていたこととかわりない(日本が国家的に行っていたかどうかという問題はここでは触れない)。周りもやっていたというのは正当化の根拠とはなり得ず、ただの言い訳に過ぎない。あくまで、戦後補償によって解決済みとするのが正しい姿勢だろう。

あと、外交に関して意見を言わせてもらえば、小国の大国に対する外交というのはそんなものなのではないのだろうか。むしろ、ここでは韓国がそれ程日本の実力を認め、独力では勝てないと理解していることを評価すべきなのかもしれない。韓国にまだそれ程の国力はないだろう。ただ、だからと言って当事国間の対話をおろそかにするのはナンセンスな話だが…
それに歴史に対する認識は広めたもん勝ち的なところがあるような気もする
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する