冬ですね~

皆様ごきげんよう。

最近はいかがお過ごしでしょうか?

かなり気温も下がり、朝晩冷え込むどころか一日中寒くて凍えている今日このごろです
そして気づけばもう12月・・・

個人的に寒さにはめっぽう弱く動くのがかなり億劫になってしまいます
こたつに一度入ったらなかなか出られずそのまま朝を迎えちゃうパターンですね~。。。


まぁ冬にはあるあるだと思うんですが、

が!!


実は・・・


こたつで寝たりホットカーペットの上で寝てしまったりとか暖房つけっパで寝るのは良くないようですよ(ー△ー;)


て、




そんなん知っとるわ~ ̄Д ̄




と思っているそこのアナタ!!!


わかっちゃいるけどやめられない、止まらないっ

って感じなんじゃあないかと思われますね~(。-`ω-)


なぜ良くないのか簡単に紹介したいと思います。

1.体の機能が混乱状態に!!
・こたつに入ると下半身は温められ、上半身は冷気にさらされたままというギャップがでて、体温調節がうまくできずに風邪をひきやすくなるようです。
・夜は休む時間なので体のメカニズムは体温を下げようとしますが、下がらないので混乱して活動状態に。その結果体が休まらず免疫力が低下します。

2.体がぐったり疲れる
・体温よりも温かい温度で温めると熟睡できないので疲れがとれない
・適度な熱は血行を促進させる効果があるらしんですが、長時間は逆に筋肉がゆるみすぎてだるさや疲れの原因になります。
・背中や腰が痛くなるなど。これは、狭い中で十分な寝返りを打つことができなくなり、筋肉・関節への負担となるためです。

3.ウイルスの受け入れ態勢もバッチリ

・足の血行がよくなって不必要な汗をかいてしまい、この汗の気化によって体温を奪われ、さらに乾燥したのどや鼻の粘膜からウイルスが侵入してしまいやすくなってしまうとのことです。
・熱が出る事が結構多いので、粘膜も通常より乾燥し、刺激に敏感になる事から、咳やくしゃみなども多発する事が多いです。

電気カーペットやその他の電気のあったかグッズは
電磁波が出ていることも体に影響を与えているようです。
その他低温やけどをしたり、自発熱しなくなって冷え性になったり・・・


寒いのであったかいところで寝たい気持ちは山々ですが、体のことを考えるとやっぱり布団で寝るのが一番のようですね


ぜひ健康的に冬を乗り切りましょう!!
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する