スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして!

こんにちは、初めまして。

ニックネームはヨッシーと言います。

年は19です。

よろしくお願いします。




今日の本題は集団的自衛権について。

最近良くニュースで聞く、この言葉。



この集団的自衛権って、一体どういう権利なのでしょうか?


そもそも、『自衛権』って何なの?という
疑問を持たれる方もおられると思います。



自衛権とは、
自国や同盟国が攻撃された時に、反撃することができる権利、のことを言います。



そして、集団的自衛権とは・・・

仲間の国が他国から攻撃された時に
他国が攻撃されたのと同じように自国も攻撃された、と考えて、仲間の
国と一緒に、攻撃してきた国と戦う権利

のことを言います。


日本は、この権利を行使することができませんでした。

なぜなら日本は、憲法9条に則り、戦争が起きても武力行使をしないと決めていたからです。


ところで先日、安倍政権が集団的自衛権の行使を容認するために

憲法9条の解釈変更を閣議で決定した、というニュースをご存知ですか?
かなり有名なニュースなのではないかと思います。

憲法の解釈が変更されたことに対して、あちこちで反対の声が出ているという
報道が良くなされていますね



話は戻って。

では、なぜ、集団的自衛権の行使の容認を、安倍政権は
強く推し進めようとしたのか?


それは、

日本はアメリカと同盟関係を結んでいるけれど、

集団的自衛権の行使を容認していないので、

仮に沖縄付近でアメリカが他国の攻撃を受けたとしても、

現在の憲法解釈では、日本はアメリカと同盟国であるにもかかわらず、

攻撃された国に対して、アメリカと一緒に戦うことができないから、なのです。

あくまでも、これは行使容認をしようとしていた様々な理由の中の
一つではありますが。


日本は、アメリカとの関係をかなり重要視しているようですね。

なぜ重要視しているのかについては、また今度機会があれば
書きたいと思います。


今回の記事は、集団的自衛権のことぐらい知ってるよ、という人にとっては
つまらなかったかも知れません。

集団的自衛権のことを知らない人が、このことを理解して、
今後もおそらく報道されるであろう集団的自衛権関連のニュース
を見たときに、少しでも役に立ったらいいな、と思って書きました。




            <編集後記>
七月も中盤に差し掛かり、本当に暑い日が続きますね
夏バテには気を付けたいところです

あ、そういえば『夏太り』って言葉があるの知ってますか?
それにしてもあまり夏に太るっていうイメージは中々湧かないですよね

夏太りの原因は、<体温>にあるそうです。
夏は気温が高く、体温も高め

基本的に気温が低くなると、体温維持のために代謝が高まります。
逆に気温が高いと別に代謝を高める必要がなく、体の活動に支障をきたすことがないので
、代謝に変化はありません。

『暑いから脂肪が燃焼されてるでしょ!!僕は(私は)大丈夫』なんて安心してはいけません

冷房ガンガンかかった中でダラダラしたり、過度の食事の摂取には
気を付けたいところです

ヨッシ―も、これからおかわりはなるべく控えていきたいと思います

はぁー、やばい、腹筋しないと、、、






関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。