消えない人種差別…

どうも、ヨッシ―です

最近二十歳になりました


寒いですね!!!
風邪など引いていませんか?


12月にはいって急激に気温が下がりましたね…
夜寝るときは暖かくして寝て下さい
首にタオルを巻いて寝ると良いそうですよ!


それでは本題へ


今世界各地で抗議デモが起こっています。


今年七月、ニューヨークで白人警察官が黒人男性を逮捕する際、首を絞めて
殺害したことに対して、地元の裁判所は不起訴の判決を下しました。

また、8月には、ミズーリ州で白人警察官が黒人の少年を射殺し、これに関しても
裁判所は警察官を不起訴する処分をとりました。


ニューヨークでは、12月3日と4日の二日間で計1万人がデモに参加し、警察官に
抵抗したことで逮捕された人は300人に上っています。


警察官の取り締まりにより黒人が殺害される事件が後を絶たないこと、
また、警察官が刑事責任を問われないことに対して市民の間で不満が増大し、
抗議デモが後を絶たないそうです


人種差別の問題はかなり昔から取り上げられており、人種平等があらゆるところで叫ばれていますが、中々この問題は根強く解決されない状況が続いています。
多くの人が人種平等を願っているし、人種差別は存在すべきでないと、誰もが思っていることに違いありません。


ではなぜ人種差別の意識が消えないのか…
あるべきことではないとわかっているにもかかわらず…



「差別」が起こるのは、まず「比較」することに原因があります。

ここから少し差別とは話が離れ、比較の話に移るのですが、

私たちはよく他人と比較します。
誰々はこれができる、でも私にはできない、こんな感じです。あるいはこの逆も
あり得ます。



そして比較した後、自己卑下になったり、優越感や劣等感を感じたりします。
こういう時ってあんまり心は喜んでいませんよね。



統一原理の中にはこんな言葉があります


個性真理体



「個性」は、他に同じものが一つもない、ということです。
そして、「個性」を持っているものは唯一無二の価値があります。



たとえ比較したとしても、そこで優越感や劣等感に浸るのではなくて、
その人の唯一無二の価値を尊重し、高め合ったり、わかちあったりすることのできる
人になっていきたいものですね
関連記事

コメント

最近は個性を潰す風潮というか教育というかそんな感じのものが多いように思いますが、1人ひとりの大事な個性を尊重していきたいですね

  • 2014/12/08 (Mon) 19:41
  • しゅー #-
  • URL

減ったとは言えど差別は消えないですね…
自分の固定観念や社会の風潮などから離れた、一人一人の本質を見つめる視点を持つことが大事だと感じました。

  • 2014/12/16 (Tue) 13:19
  • ぴーたー #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する