スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりごと

ご無沙汰してますキャシーです!

私もカープに入ったばかりの初々しい頃がありました

いやいや、いまも十分ピッチピチ(死語。)ですけどね


え~っと、はいってからどのくらいかな。ちょっと待ってくださいね…


ポン・ポン・ポン・ピーン!

・……ぬな!1年と10ヵ月目でした

いやぁ~ここに入ってから一気に人生濃くなりました(笑)
いろんな活動の中でいろんな挑戦をし、いろんな人と関わってきました。

自分自身も奮闘するし、周りのメンバーが奮闘する姿もいっぱいみてきましたよ。

心の壁を乗り越えるのは簡単じゃないですね。
ここに来る前も人とは関わってきたけど、表面的だったんだなぁ~と痛感しました。

人を愛する事って簡単じゃないんです。でも「そこで心折れて諦めますか?」って話で、

「あきらめてたまるか!!」って闘うわけですね。


そのひとの駄目なところも受けとめることができたら…
もしくは、
自分自身の駄目なところもすべてひっくるめて「こんな私がすきだ!」っていえるようになれたら…

すぅっっっごく素敵なことだとおもいませんか?

ナルシスト、まで行くとさすがにアレですけども

「私は自分のことがすきだし、すごく貴いとおもうんです」
このことばは深いです。どれくらいの人がいえますか?

「私は自分のことをすごくくだらない存在だと思ってるけど、あなたについてはすごく貴い人なのよ。」
こんなの、説得力ゼロでしょ。

一番良く知っているはずの自分のことを愛せずして、「あなたは貴い」って言ったって
「わたしのことよく知らないくせに。」って言いたくなる でしょう?

もっと近づいて私のことよく知ったなら、わたしのことなんて愛せないでしょ?って気分になります。


一番愛しがたきは一番身近な「自分自身」で、
逆にそこで愛せたら、「相当な愛の人格者」だと思います。

ここでいうのは単なる「ナルシスト」ではないですよ。
ナルシストには自分のいい部分だけを見つめるように尽力しさえすればなれます。

でもかっこ悪いことをしちゃった瞬間にもろくも崩れ去りますね。
グッバイ、カッコイイ自分(笑)














表面上は明るく笑顔の人でも、心の中にどんな闇が潜んでるかわからない。


逆に苦しい環境を多く通過した人ほど、人にやさしくしたりできる素敵な人になるってこともあります。
人間てふしぎ…。

つらい環境をどう乗り越えていくかで分岐しちゃうんでしょうね。

自分以上に苦しい人をおもえば、今の自分の悩みなんてふっとびます。



なるべくなら、自分以外のひとのために生きたい!!って心の声が
きこえている自分でありたいものです。






とりとめもないことを、ぽろりとこぼしてみました


おわり。
関連記事

コメント

Re: タイトルなし

> 矛盾しまくりな理論を堂々と。
> おめでとうございます
> 「基本的に」好き嫌い、良い悪いは相対的で人によって感じ方の違うものですよ
>
> 私は自分の内面、外面の長所、短所ひっくるめてそれが自分だと思っているので自分の事を愛しています。
> しかし、あなたのような偽善的、独善的で傲慢な人は大嫌いなので愛せません。
>
> それに私は、統一教会のようなカルト朝鮮宗教が大嫌いという「あなたからみて」ダメな面をもっています
> そんな私を愛せますか?
>
> 深いどころか浅過ぎて、むしろ狭い世界にはまってますよ


コメントどうもありがとうございます。代表を務めさせていただいている者です。
さて この記事は、メンバーが書いたものですが、
確かに コメントに書いてくださったように
自分の内面、外面の長所、短所を含めて自分であり、そういった自分を愛しておられることは大変素晴らしいことであると思います。

しかし、そのように 自分自身を受け止められない人もいるのかもしれません。
自分自身にコンプレックスを持っていて、自分のことが嫌いで、こんな自分を誰も好きになってくれるわけがないと思い、人間関係が苦手な人もいるということです。
それでも、人と寄り添い、人と向き合い、愛する努力をしようとする、時には葛藤や痛みが伴ったとしても、それでも自分とも向き合い、自分の弱さを認め成長していこうとしています。

好き嫌い、善悪が相対的であれば、自分の嫌いな人は傷つけてもいい、自分が悪だと思うものは、排除してもいいという考え方になりませんか?極端に言えば、気に食わないから人を殺してもいいというところまで発展しませんか?
ここまでの意味を込めてコメントはされたわけではないと思いますが。

統一協会が嫌いというのは、どういう経路があって そのように思われたのかは分かりませんが
その事が、私たちにとってダメな面ではないと思います。
それは、個人の考えであって、私が強要することはできませんから。
統一教会が嫌いであっても、会って話をすると、個人としては、通じ合えるかもしれませんよね。

また、統一教会を迫害される方であっても、愛したいと思っています。
なぜなら、イエス様は『汝の敵を愛せよ』と
文鮮明先生も『怨讐を愛せよ』とこのことを生涯かけて貫かれてきた方であるからです。

かといってこのコメントから 貴様が、私の敵でも怨讐でもありませんが。笑


  • 2011/08/13 (Sat) 14:21
  • 岡大CARP #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。